ハイクオリティなパースからリーズナブルなCGまで、キュールシステムは奈良や大阪で建築パースの制作を行っております。

サイトマップ

建築パースというモノについて

そもそも建築パースとは、完成予想図のことであります。建築中の土地などでイメージ図のような建物の絵看板を見かけたことはありませんか。まさにその絵こそが建築パースなのです。その他には広告やインターネット上でも度々見かけることがあります。

外観の建築パース

建築パースの種類について

■CGによる建築パース
2DのCADや3Dソフトを使用し、質感や空気感をリアルに表現することを目指して、あたかもその場で撮影した写真かのような現実味のある絵に近づけることを目標に建築パースを制作する。実際に撮影してきた写真を加工して用いるなど様々な趣味レーションをすることも可能である。
オートキャドやベクターワークスを用いて二次元の図面に高さを加え三次元の形状を作成する。所謂、モデリングと呼ばれる作業がまず行われる。作成された住宅等の建築を様々な角度に回転させ被写体の角度を決める。最終的に建築パースとして仕上がるためのフレームがここで決まることになります。レンダリングソフトにデータを移動させ、壁や床といった各箇所の素材をマッピングしていきます。この過程でテクスチャの制作作業が発生してきますが、素材をどう制作するのかによって建築パースの仕上がりの質感が決まってきますので大事な作業と言えるでしょう。 内観の建築パース グローバルイルミネーションやラジオシティと言われる最新の機能を活用したライティング設定を試行錯誤しながら施していくことで空間の形状の分かりやすさが大きく変わります。これもまた建築パースの完成品質に大きな影響を与える要素です。ここまでの行程を経てようやくレンダリングを行うことができる訳ですが最終の画像サイズは重要ですのであらかじめクライアントに使用用途を聞いておきましょう。レンダリングを終えると一枚の絵、パース図が作成されることになるのですが、これで完成ではありません。できあがったパース図に更にフォトショップを活用してレタッチを加えていきます。レンダリングだけでは描ききれなかった建築面の強弱や人や植栽等の外構の追加パーツの表現を制作してリアリティのある建築パースへと演出していくのです。このように現代的なCGソフトとアナログなレタッチの数多くの行程を綿密に繰り返しながら制作されているのです。
■手描きによる建築パース
建物や外構などの建築全体の雰囲気のイメージを優先にし、硬く無機質になりやすい建物などを柔らかく、温かみのある絵画的な表現で制作する。デザインの詳細が決定しておらず、それでもプレゼンなどでイメージビジュアルが必要な場合に、細部をぼかしつつ全体のイメージを伝えることができる。
おおよその場合クライアントとの打ち合わせの段階でラフスケッチを何枚か制作し建築パースとなるアングルを決定して持ち帰ります。そのイメージを元に下図を描き始めるのですが、手法によっては最終的にその下書きのラインを残すこともあるので、いかに完成図を頭の中に描きながら制作できるかが重要になってきます。事務的に数値を入力していくCGソフトとは異なり感覚・センスが大きく建築パースににじみ出るので経験という熟練度を必要とされます。色づけも水彩画・アクリルガッシュ・色鉛筆・油絵等、方法によって全然違いますが、共通して言えることは、建築パースを「制作」するというより「描く」というニュアンスであるということでしょう。 手描きの建築パース 最近では用紙に描いたパースを一旦スキャナーで取り込みデジタル画像として納品するケースも増えてきています。広告への印刷といった量産使用ができるから当然とも言えます。また納品だけでなく、デジタルな画像にした後でフォトショップでレタッチを加えるという合わせ技で建築パースを制作する業者もよく見かけるようになりました。もはやCGと手描きの二種類ではなく、手描き・CG・CG+手描きという風に三種類が存在することになります。何にせよ手描きによる建築パースのあり方も大きく変わってきています。
■外観パース
戸建住宅やマンションなどの建物の外側を中心に制作する。周辺の環境にあわせた建物などのデザインの確認ができる。設計図では判断できにくい部分の色や形状やデザインをクライアントに安心して判断してもらえる材料となりバリエーションにより多くのパターンを試すこともできる。
■内観パース
各部屋やインテリアなど建物の内部を中心に制作する。質感と共に描くことでその部屋についてのデザインや臨場感をそのまま伝えることができる。マンションではモデルルームがない場合に室内デザインのイメージとしてよく用いられる。
■インテリア鳥瞰パース
店舗や各部屋など建物の天井部分を取り除いてしまい、上から見下ろしたような形で内観を制作する。壁や床や建具など他の部分や全てあり表現されているので、部屋のレイアウトや位置関係が手に取るように分かることが一番の特徴である。

最近の営業しているエリアは?

現在、キュールシステムは奈良県を拠点に活動をしております。主な営業エリアとしては奈良はもちろんのこと大阪や京都や和歌山といった隣接する府県が中心となります。その他にも兵庫や三重等からも多数のご依頼があります。基本的には建築パースのご依頼を頂きますと打ち合わせに伺わせて頂くのですが、全国どこでもという訳ではありません。奈良や大阪など関西圏が許容範囲とお考え頂ければと思います。近年では大半の方がパソコンを使用できるため打ち合わせなしでも業務を簡単に行うことができるようになってきています。ですので打ち合わせがなくても大丈夫とお思いの方は是非ご依頼ください。大阪や関西は特に人とのつながりを重視する文化が強いのでビジネスにおいてもそれが反映されています。私どもとしても大阪人・関西人としての商売の心が強くできるだけ直接お会いしてお仕事をしていきたいと考えております。お客様と一緒によりよい建築パースを作成していければと思っておりますのでお気軽にお電話を下さい。

↑ ページの上部へ

更新情報・お知らせ

画像追加のお知らせ
内観パースのギャラリーページに新しいパース画像を追加しましたので是非ご覧ください。
価格設定変更のお知らせ
パースの制作価格を少し変更しました。全体的に少しお安くなりました。
画像追加のお知らせ
外観パースのギャラリーページに新しいパース画像を追加しましたので是非ご覧ください。
コンテンツ追加のお知らせ
ギャラリーページに新しいコンテンツをご用意しましたので是非ご覧ください。
ホームページリニューアル
お客様により見やすく、より使いやすいホームページをご提供するためにリニューアルしました。

弊社の最新情報をお届け致します。

スポンサードサイト

inserted by FC2 system